FC2ブログ

けんかプログラマのオタクな日常

プラモ製作 航空母艦 赤城(艦これじゃないやつ) #4

うん、まだ塗装って段階じゃなかったわ

艦体に前部格納庫を取り付けます
もの凄い隙間が空いてしまいました(左側も似たようなもの)

赤城艦首完成前


隙間をパテで埋め埋め

赤城左舷艦橋隙間


乾いたらナイフややすりで成形しますが……

失敗した……

赤城右舷隙間失敗


なんか謎の段差になってしまいました
もともと段差がついててめんどくさいので
諦めた

格納庫の横のパーツを取り付けて、とりあえず艦体の組立は終わり


次は、甲板まわり
まずは、甲板の脇に付ける、一段下がったところに有る待避所ですが
前部のパーツにもれなく付いてる凸部分を削り取ります

使ってないニッパーや、よく考えると今使ってるから、使ってないニッパーっておかしいな
もとい、多少歪んでも大丈夫なニッパーややすり等で削った後
こんな感じで手に持って
赤城待避所作業後表

デザインナイフを当ててカンナがけします。左右に素早くガシャガシャとナイフを動かします
多分、これが一番作業的に楽だと思われます

裏も同様にカンナがけ
ただし左右に指が有りますので、切らないように注意
ナイフを左右に動かしてるだけなら切れません
指に当てた状態で絶対にナイフを引かないように

赤城待避所作業後裏


あ、裏には部品番号が有りますので、削っちゃうと判らなくなります
削る前に↓付箋に番号を書いておきましょう

赤城待避所付箋


削り終わったら、部品を付箋に貼っておきます

赤城待避所付箋貼り

番号は糊の付いた面に書くべきでしたw


あとは、甲板や甲板裏に取り付ける部品を塗装するための準備です

支柱パーツは、ランナーに付いたまま、パーティングラインを処理します

支柱パーツ


24番はランナー毎切り出して、同じくパーティングラインを処理

甲板裏処理前


処理後

甲板裏処理後


このパーツ(天井クレーン?)は切り出してパーティングライン処理
というか、段差を出来るだけ無くして平面にします

甲板下パーツ段差

この段差酷えなあ


残りのパーツについて、説明書と部品を照らし合わせて
ランナーに付いたまま塗装するパーツを決めておきます
マジックでランナーに印を付けておくと良いです
使うパーツは例によってバリ取り、パーティングラインを処理しておきます

マスト類は、エッチングパーツを使う場合は51、52、53だけを使用します

探照灯は、W3かW14に置き換えて構わないと思います
エッチングパーツを使う場合は、探照灯カバーに合いそうにないのでそのまま使います

ボートダビットはちょっと太いけど、今回はそのまま使いたいと思います
もちろんW23に変更してもいいと思います

パーツ64は方位測定儀なので、エッチングパーツが有ればそっちを使います

砲塔はもちろんそのまま使います


で、次でようやく塗装

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoger.blog67.fc2.com/tb.php/1256-b4520fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)